最近傷の治りが遅くなってきている

最近、地味に自覚していることがあるのです、身体のことで。傷の治りが昔よりちょっと遅めなのですよね。

これは年齢と共に自覚していくことの一つでしょうからそこまで驚くことではありませんが、やはりあまり嬉しくないですしあまり自覚したいようなことでもありません。

5年ぐらい前に自転車のべダルでふくらはぎを派手に切ってしまい、かなり怖いほど血が出てしまったときがありました。真夏の日でしたね、確かスーパーに買い物に行こうと思って自転車をこいでいたときでした。

かなり血がドロドロ出ていたので一旦家に帰って手当してまた出直したのを覚えています。

今でもそのときの傷跡が残っていて完全に消えているわけではありません。

そして嫌なことに、たまに脚のムダ毛を剃っているときに不注意で肌を剃刀で切ってしまうときがあるのですが、そういったときにもかなり派手にお風呂の中で脚から血が出てしまいます。

本当にホラー映画のようで嫌な光景です。でも定期的にやってしまうのですよね。先週もやってしまいました。

自分に腹を立てました。

そしてそういった傷もなかなか治りません。今でも剃った後の傷が残っているのです。

もうさすがに出血はしていませんがまだ皮がめくれている状態で赤いです。

これも自転車のべダルで作ってしまった傷のように傷跡が長引くことはないと良いのですが。



何か薬を塗ることにより傷の治りを早くすることはできるのでしょうかね。ドラッグストアにそういったものがあるそうですが、どれぐらい効くのでしょうね。一応今度ドラッグストアに寄ったときにはそういった塗り薬を一つぐらい買ってみようかなと思っています。きっとこれからも脚を剃っているときに肌を切ってしまうことがありそうですしね。